野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • ヤンキースGM、田中将大への手術提言に反論 右肘靭帯の回復を明かす

ヤンキースGM、田中将大への手術提言に反論 右肘靭帯の回復を明かす

ヤンキースの田中将大投手が負傷した右肘について、ブライアン・キャッシュマンGMが靭帯の傷が以前よりも癒えていると明かしている。ESPNが報じている。

20150215_tanaka

開幕前に精密検査実施、以前よりも靭帯の傷は回復

 ヤンキースの田中将大投手が負傷した右肘について、ブライアン・キャッシュマンGMが靭帯の傷が以前よりも癒えていると明かしている。ESPNが報じている。

 田中は6日(日本時間7日)の開幕戦ブルージェイズ戦で4回5失点(自責点4)で降板。現地でも批判的な報道が相次ぎ、球速低下など不安定なピッチングから昨夏に判明した右肘靭帯部分断裂の根治のためにトミー・ジョン手術を受けるべきとの声まで上がった。

 しかし、キャッシュマンGMはこれらの意見に反論。ESPNニューヨークのラジオ番組「ルピカ・ショー」で「結論を言おう。そんな状況は望まないが、医者の診断が手術なら、我々は手術を選択する。ずっとコンディションを進めてきたが、もしも、手術が必要な状況なら、それに対応する。だが、医師の医学的診断(肘をリハビリさせろという内容)というものがある」とコメントしたという。

 さらに、キャッシュマンGMは開幕前に田中がMRI検査を受けたことを明かし、記事では「キャッシュマンは昨シーズン終了時点よりも靭帯の傷が癒えていたことが検査で確認されたと語った」と伝えている。

人気記事ランキング