野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 33イニング連続無得点中のソフトバンク 復活の糸口は「DH・デホ」?

33イニング連続無得点中のソフトバンク 復活の糸口は「DH・デホ」?

昨季の日本一、ソフトバンクが苦しんでいる。8日の楽天戦(コボスタ宮城)でも、延長10回までゼロ行進。チャンスは作れど、最後の1本が出ない。そうこうしているうちに、10回裏に今季初のサヨナラ負けを喫した。

20150410_dae-ho

絶不調の鷹打線、ブレーキとなっている主砲・李大浩

 昨季の日本一、ソフトバンクが苦しんでいる。8日の楽天戦(コボスタ宮城)でも、延長10回までゼロ行進。チャンスは作れど、最後の1本が出ない。そうこうしているうちに、10回裏に今季初のサヨナラ負けを喫した。

 郭俊麟に抑え込まれた5日の西武戦(西武プリ)、塩見貴洋の前に今季最少の3安打に終わり、延長12回0対0引き分けに終わった7日の楽天戦に続き、まさかの3戦連続無得点。ソフトバンクの3戦連続無得点は、1987年以来、28年ぶりのことだという。連続イニング無得点は33イニングにまで伸びてしまっている。

 得点を奪えない1つの要素に、主砲の不振が挙げられる。今季から5番に入る、李大浩のことである。8日は楽天・美馬学に、3打席連続三振。9回無死二塁で迎えた第4打席は一ゴロで走者を進めただけで、4打数無安打に終わった。

 今季全11試合で44打数5安打の打率1割3分2厘。1本塁打3打点で、得点圏打率は0割7分7厘と惨たんたる成績。直近5試合では、18打数でわずか1安打、打率0割5分6厘となっている。5番に座る李大浩の不調が、1つのブレーキになっている。

人気記事ランキング