野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • Aロッド、145mソロ弾&2ラン&決勝打で4打点の大暴れ 1試合2HRは約3年ぶり

Aロッド、145mソロ弾&2ラン&決勝打で4打点の大暴れ 1試合2HRは約3年ぶり

ヤンキースのアレックス・ロドリゲスが17日(日本時間18日)のレイズ戦で4打数3安打2本塁打で決勝点を含む4打点を挙げる活躍を見せ、5-4の勝利の立役者となった。

ヤンキース

ジラルディ監督も脱帽「アレックスがいなければ、負けていた」

 ヤンキースのアレックス・ロドリゲスが17日(日本時間18日)のレイズ戦で4打数3安打2本塁打で決勝点を含む4打点を挙げる活躍を見せ、5-4の勝利の立役者となった。

「6番・DH」で先発したAロッドは2回先頭打者で登場。先発右腕ネーサン・カーンズの2球目、高めのファストボールを強振。衝撃的なスピードで大飛球はバックスクリーンに飛び込んだ。

  MLBアドバンストメディアによると、この一発は471フィート(約144メートル)で今季メジャー最長の飛距離だった。 ESPNは477フィート(約145メートル)とレポート。強烈な一撃で先制点を叩き出した。

 4回の第2打席は3ゴロに倒れたが、2点を追う6回1死一塁で迎えた第3打席に再び魅せた。リリーフの右腕エルネスト・フリエリの4球目をレフトポール際に2ランホームラン。ヤンキースはこれで4-4の同点に追いついた。今季リーグ2位タイとなる第4号。1試合2本塁打は2012年5月23日のロイヤルズ戦以来。1試合複数ホームランはキャリア61回目だったという。これで歴代4位のウィリー・メイズ(660本)まであと2本差と迫っている。

人気記事ランキング