野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

青木宣親の“曲芸”帰塁は「マトリックス」 「こんなこと出来るヤツいるか?」

アナウンサーは「これはすごい…」とつぶやいてから「こんなこと出来るヤツは何人いるんだ?」と脱帽。解説者も思わず笑い声を上げ、青木がタッチを避ける瞬間のリプレーを見ながら「フゥーッ!」と高い声を上げた。

イチローの「忍者」生還を思わせる動きに地元メディアも大興奮

 ジャイアンツの青木宣親外野手は22日(日本時間23日)、本拠地でのドジャース戦に「1番・レフト」で先発し、4打数1安打1打点だった。6回には内野安打で出塁後、牽制で刺されそうになりながら、巧みな動きでかわしてセーフに。これをMLB公式動画サイトの「CUT4」から「マトリックス」と名付けられるなど、見せ場を作った。ジャイアンツは3-2のサヨナラ勝ちで2連勝とした。

 青木は初回、ドジャースの先発カーショーに9球を投げさせ、最後は投ゴロとなった。3回の第2打席では1死二、三塁で遊ゴロ。これでチームに先制点をもたらした。

 さらに、6回の第3打席では一塁に転がすと、ベースカバーに入ったカーショーよりも一足早く駆け抜け、内野安打とした。現役最強左腕と呼ばれるカーショーからは2012年5月30日の初対戦以来、3年ぶりのヒットとなった。

 そして、塁に出てからスタジアムを沸かせる。次の打者の4球目の前、青木はスタートを切りかけたが、カーショーは一塁に牽制球を投げる。逆を突かれた形の青木だが、一塁手ターナーのタッチをライト側に膨らみながら避ける。手をつきながら這うように帰塁し、左手を伸ばして一塁ベースにタッチ。セーフと判定された。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中