野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 完全復活の兆し ロッテ涌井の明らかな変化とは

完全復活の兆し ロッテ涌井の明らかな変化とは

ロッテの涌井秀章投手が、かつての輝きを取り戻しつつある。西武の絶対的なエースとして、2009年には沢村賞を獲得。ダルビッシュ有(当時日本ハム)、岩隈久志、田中将大(同楽天)らとともに球界屈指の右腕として君臨していた涌井は、復活したのだろうか。

ロッテ

今季は投球内容の良さが光る右腕

 ロッテの涌井秀章投手が、かつての輝きを取り戻しつつある。

 今季は開幕投手を任され、ここまで3勝3敗、防御率2.76。2連勝の後に3連敗を喫したのものの、4月30日の西武戦では8回2失点の好投で3勝目を挙げた。3連敗の間も、同24日の楽天こそ6回途中6失点(自責5)と乱れたが、他の2試合では7回2失点、7回3失点と白星がついてもおかしくない結果だった。

 何よりも投球内容の良さが光る。西武の絶対的なエースとして、2009年には沢村賞を獲得。ダルビッシュ有(当時日本ハム)、岩隈久志、田中将大(同楽天)らとともに球界屈指の右腕として君臨していた涌井は、復活したのだろうか。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野球解説者の野口寿浩氏は「ピッチングフォームとしては、すごく良くなっている感じがする。西武で勝っていた時は、今の投げ方をしていたんですよ」と話す。

 涌井は2011年に9勝(12敗)に終わり、2012年には抑えに転向。2013年は極度の不振に苦しみ、中継ぎや抑えも経験した。FAでロッテに移籍した昨年も、8勝12敗、防御率4.21と苦戦していた。では、今年はいったい何が変わったのか。

人気記事ランキング