野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 悲運の中日バルデス 浮かぶマキシモ・ネルソンの背中

悲運の中日バルデス 浮かぶマキシモ・ネルソンの背中

中日のバルデス投手が、また勝てなかった。

中日

リーグ最多8試合に先発、防御率2・45でいまだ「0勝」も価値ある働き

 中日のバルデス投手が、また勝てなかった。

 6日の阪神戦に先発。完投と来日初勝利目前だった1点リードの9回。2死走者なしからゴメスに中前安打を許し、降板。後を継いだ福谷、又吉が踏ん張れず、サヨナラ負けに終わった。

 これで来日1年目の今季は8試合に先発し、防御率2・45ながら、0勝3敗だ。ただ、逆転サヨナラによる1敗はチームにとって痛いが、バルデスの投球には白星がつかなくとも価値がある。思い起こさせるのは、2011年のマキシモ・ネルソンの姿だ。

 2008年から5年間在籍したドミニカ共和国出身の右腕はこの年、開幕投手を任された。一時は9連敗を喫し、6勝13敗。黒星が7つ先行するなど、勝ち運に恵まれなかったが、吉見一起、チェンの両エースらが故障で出遅れる窮地に中4日でフル回転した。

人気記事ランキング