野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNA倉本が高木勇から決勝打 「同じルーキーに絶対に負けたくない」

倉本は試合後に初のお立ち台に。「ちょっと緊張してます」と初々しい一面を見せ「素直に嬉しいです」と喜んだ。

巨人との首位攻防第3Rに快勝、開幕5連勝の高木勇にプロ初黒星つける

 DeNAが巨人に4-2で快勝し、首位攻防3連戦で勝ち越した。10年ぶりの5カード連続勝ち越しで、2位巨人と2.5ゲーム差。倉本寿彦内野手が8回に決勝タイムリーを放ち、開幕5連勝を飾っていた同じルーキーの高木勇にプロ初黒星を付けた。

 値千金の一打だった。2-2の8回、高木勇から筒香、ロペスが連打を放ち、1死二、三塁とチャンスを作った。続く代打・後藤は敬遠で満塁。ここで、8試合ぶりにスタメンに名を連ねていた倉本がストレートを捉え、ライト前に運んだ。

 この回、暴投でさらに1点を追加。倉本のタイムリーが決勝点となり、DeNAが快勝した。

 倉本は試合後に初のお立ち台に。「ちょっと緊張してます」と初々しい一面を見せ「素直に嬉しいです」と喜んだ。「今日は母の日なので絶対に打ちたいと思って打席に入りました。(母へのプレゼントになって)よかったです」。特別な一打になった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中