野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

川島がソフトバンク1号の決勝弾 「手応えはなかったけど、テラスに感謝」

ソフトバンクの川島慶三内野手が、本拠地での西武戦で移籍後初ホームランを放ち、4-1での勝利に貢献した。両チーム無得点の5回、1死走者なしで相手先発・郭俊麟のチェンジアップを左翼のホームランテラスに運んだ。

ソフトバンク

移籍後初ホームランでチームを首位に導く、「何とかしようと思って」

 ソフトバンクの川島慶三内野手が、本拠地での西武戦で移籍後初ホームランを放ち、4-1での勝利に貢献した。両チーム無得点の5回、1死走者なしで相手先発・郭俊麟のチェンジアップを左翼のホームランテラスに運んだ。

 昨季途中にヤクルトから移籍してきた川島にとって、これがソフトバンクで初の本塁打。チームはこれで流れをつかみ、さらに追加点を奪って好投の先発スタンリッジを援護。4-1で快勝した。チームは今季初めて首位に浮上した。

 試合後、お立ち台に上った川島は「ありふれた言葉かもしれませんが、ジェイソン(スタンリッジ)がすごくいいピッチングをしていたので、何とかしようと思って。助っ人の方々は、デホさんもいいところで打ってくれたので、感謝したいと思います」と話した。

 ソフトバンク1号となったことについては「手応えはそんなになかったんですけど、テラスに感謝ですね」。今季から新設されたホームランテラスへの一発について笑顔で振り返った。

人気記事ランキング