野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武・森は「捕手をやめた方がいい」 山崎武司氏がコンバートのススメ

「はっきり決めてやることも大切」と山崎氏、自身も3年目に捕手から外野に転向

 シーズン開幕前、西武の首脳陣は炭谷と森にレギュラーを競わせる方針を明かしていた。しかし、開幕してからは炭谷が捕手の不動のレギュラーとして君臨し、森はDHでの起用が続いている。それでも、首脳陣の中ですぐに森をコンバートする考えはないとされている。

 打てる捕手としての魅力は、もちろん大きい。たとえ時間がかかっても、森が捕手として大きく育っていけば、西武の未来は明るくなる。ただ、山崎氏は森のバッティングを活かすために、早めにコンバートすることも1つの考えだと明言する。

「(コンバートしないというのは)逃げ口実だと思うね。ただ守る場所がないから、あそこ(DH)におるだけで。簡単に言えば、キャッチャーやめたほうがいいと思うよ、オレは。でも、キャッチャーやめてもどこやるのってなったら、どこもやるところないもんね。だから、『キャッチャーできるから、一応、やらせておこうか』って。はっきり決めてやることも大切だとオレは思うけどね。本当にバッティングを活かすならね」

 3年目に捕手から外野手に転向した山崎氏はその後、息の長い、球史に名を残す大打者となった。森のバッターとしての素質を最大限に生かすのか、それともあくまで「打てる捕手」として育てていくのか。この先も、あらゆるところで議論の的となりそうだ。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」