野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、イチローと「偉大な選手の対決」 援護なく好投「台無し」で2敗目

田中将大、イチローと「偉大な選手の対決」 援護なく好投「台無し」で2敗目

力投報われなかった日本人右腕について、地元メディアは「エース見殺し」と速報している。

イチローとの初対決は4打数2安打、地元メディアは「またしても優秀なピッチング」と評価も…

 ヤンキースの田中将大投手が15日(日本時間16日)、敵地でのマーリンズ戦に先発し、今季2敗目(4勝)を喫した。7回9安打2失点6奪三振無四球で3試合連続のハイ・クオリティ・スタート(HQS、7回以上を自責2以内)を達成したが、援護に恵まれず。注目されたイチロー外野手との初対決は4打数2安打だった。力投報われなかった日本人右腕について、地元メディアは「エース見殺し」と速報している。

 今季最多の9安打を浴びながら、田中は2失点で切り抜けた。しかし、打線の援護が足りずに、2敗目を喫した。

 地元紙「ニューヨーク・デイリーニューズ」は「ヤンキースはマサヒロ・タナカの援護に失敗し、マーリンズに1-2で敗れる」と速報している。

「マサヒロ・タナカは月曜日の夜にまたしても優秀なピッチングを見せたが、十分ではなかった。ボンバーズ(ヤンキースの愛称)のエースは3試合連続で力強い7イニングで活躍したが、(マーリンズの)右腕トム・ケーラーとの対決に敗れた」

 ヤンキース打線が1点しか奪えなかったことから、記事ではエース右腕に同情的な評価を与えている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中