野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ注目大学生VSNPB若手 ユニバ壮行試合は“スカウト“の場にも!?

4年だけでなく、3年にもプロ注目の選手が…

 野手で名前が挙がったのは、会見に同席していた早大・茂木栄五郎内野手(4年)と明大・坂本誠志郎捕手(4年)だ。

 茂木は今春のリーグ戦で3番としてリーグ優勝、全日本大球選手権優勝に貢献。特に、大学選手権では2本塁打を含む打率6割1分5厘で首位打者とMVPに輝き、この春、最もプロからの評価を上げた選手と言っていい。171センチと小柄ながら、勝負強い打撃で大学日本代表では4番として期待される好打者だ。

 一方、坂本は履正社高時代に山田哲人(現ヤクルト)の1年後輩としてプレー。明大では2年春から正捕手の座を掴み、昨年のドラフトでオリックスから1位指名された左腕・山崎福也ら好投手の球を受けてきた。リーグ優勝3度の豊富な経験と物おじしない性格はプロ向きと言える。

 さらに、青山監督から名前が挙がったのは今年のドラフト指名対象選手だけにとどまらなかった。ともに3年生の創価大・田中正義、神奈川大・浜口遥大の両投手の名前を口にした。

 田中は186センチの大型右腕で、直球は150キロ台中盤を計測する本格派。大学日本代表のエース候補と期待されており、来年のドラフトでは複数球団が競合する存在だろう。

 浜口は173センチと上背はないが、150キロの勢いある直球と落差のあるチェンジアップが売り。4強に進出した大学選手権でも最優秀投手賞を受賞し、大舞台でこそ力を発揮するタイプだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」