野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックス、6月に入りやっと勝ち越しペースに 復調の要因は?

残り約70試合でどこまで巻き返せるか…

 投手陣は先発3本柱が好調。復活を果たしたエース・金子、12球団NO1の安定感を誇るディクソン、勢いを取り戻した西。この3人は最低でも6イニングを投げる計算がつく。試合の流れを作りスムーズにリリーフ陣にバトンをつなぐことが出来ている。

 ここに福良監督代行が「将来のオリックスの背負ってもらう投手」と期待を懸ける東明が直近3試合は6イニング以上を投げ抜き成長の兆しを見せている。

 開幕からこの姿で戦えていれば……。たらればを言えば切りがない。この戦力を見てダントツの最下位にいる現状は、誰もが想像できなかったことだろう。

 シーズンも折り返しに差し掛かっている。残り約70試合。首位・ソフトバンクとのゲーム差は15。5位・ロッテとも5・5差とAクラス入りへの道のりは容易ではない。だが、この状態が続くのであればシーズン終盤で思いがけない展開になっているかもしれない。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」