野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローのマリナーズ復帰が急浮上!? 地元紙が提言「真剣に検討すべき」

イチローのマリナーズ復帰が急浮上!? 地元紙が提言「真剣に検討すべき」

マーリンズのイチロー外野手を、7月末のトレード期限までにマリナーズに復帰させるべきだと米メディアが報じた。

20150501_ichiro2

イチローをマリナーズに復帰させるべき!? 7月末までのトレードの可能性が浮上

 マーリンズのイチロー外野手を、7月末のトレード期限までにマリナーズに復帰させるべきだと米メディアが報じた。2001年から11年半活躍した古巣への電撃復帰の可能性について、地元紙「シアトル・タイムズ」が「短い期間、マリナーズはイチローを復帰させるべきだ」との見出しで特集している。

 マリナーズは今季開幕前、昨年の本塁打王ネルソン・クルーズをフリーエージェントで獲得するなど積極的な補強を行い、リーグ優勝候補と予想されていたが、ここまで借金8で西地区4位。現役時代に指名打者として活躍し、シアトルで圧倒的な人気を誇るエドガー・マルティネス氏を打撃コーチに就任させるなど、様々な打開策を打ち出している。

 記事では、01年にメジャー挑戦の第一歩を刻み、MVPと新人王を同時受賞するなど数々の偉業を成し遂げたイチロー復帰の可能性に触れている。

 同紙のジェフ・ベイカー記者は「もしも、7月中旬までワイルドカードレース争いを展開できるのなら、彼らはマイアミ・マーリンズとイチローのトレードを真剣に検討すべきだ。そうだ。私は真剣だ」と指摘している。

 記事では、マリナーズが抱える問題と来月のトレード期限までのチーム強化に関する限界は経済的なもので、現有戦力によって複雑化されていると指摘。昨年もロビンソン・カノ内野手などビッグネームを獲得し、今季の選手年俸は総額1億2000万ドル(約150億円)と巨額になる一方、コストのかからない自前の若手選手のコア(核)が育っていないという。

 特集では、クルーズを補強しても、なお「数多くの穴が存在する」として、外野手のレギュラーと中程度の実力を持つ先発ピッチャーの補強が必要だとしている。

人気記事ランキング