野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 決勝2ラン含む2発のG村田が澤村に“ダメ出し” 「こういうことないように」

決勝2ラン含む2発のG村田が澤村に“ダメ出し” 「こういうことないように」

巨人の村田修一内野手が5日、神宮でのヤクルト戦で2発のホームランを放ち、チームを6-5の勝利に導いた。今季初の1試合2発で夏場に調子を上げるパワーヒッターが球団通算1万試合の勝利に花を添え、ヒーローインタビューを受けた。

巨人

球団通算1万試合で今季初の1試合2発「ファーストストライクから思い切っていった結果」

 巨人の村田修一内野手が5日、神宮でのヤクルト戦で2発のホームランを放ち、チームを6-5の勝利に導いた。今季初の1試合2発で夏場に調子を上げるパワーヒッターが球団通算1万試合の勝利に花を添え、ヒーローインタビューを受けた。

 1点ビハインドで迎えた5回、長野に逆転の3ランが生まれ、村田は2点リードで第3打席を迎えた。「小川くんと相性があんまりよくないので、思い切って長打を狙うイメージで打席に入りました」と振り返った打球は、右中間に飛び込む7号ソロに。村田らしい逆方向への放物線が飛び出し、4-1と点差を広げた。

 しかし、巨人はその裏にすぐさま同点に追いつかれると、6回に勝ち越しを許す。迎えた7回。1死一塁でまたも村田に打席が回る。1ボールから低めのスライダーを捉えた打球はレフトスタンドへ突き刺さる逆転8号2ランに。

「ファーストストライクから思い切っていった結果」と積極的な打撃を振り返ると、「風にも乗ってホームランになってくれて、すごくよかった」と今季初の1試合2発を喜んだ。

人気記事ランキング