野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 逆転3ラン被弾も、8勝目掴んだホークス寺原 好調の右腕はなぜ苦しんだ?

逆転3ラン被弾も、8勝目掴んだホークス寺原 好調の右腕はなぜ苦しんだ?

ソフトバンクの寺原隼人投手が25日、本拠地でのロッテ戦に先発し、6回6安打4失点ながら8勝目(1敗)を挙げた。今季は好調の右腕だが、この日は4失点を喫しながら8勝目を掴んだ。

ソフトバンク

序盤は投球フォームに問題を抱えていた寺原

 ソフトバンクの寺原隼人投手が25日、本拠地でのロッテ戦に先発し、6回6安打4失点ながら8勝目(1敗)を挙げた。2点リードの6回にクルーズに逆転3ランを浴びたが、その裏に上林のプロ初本塁打となる逆転満塁弾が飛び出して再逆転。寺原に白星が転がり込んだ。

 今季は好調の右腕だが、この日は4失点を喫しながら8勝目を掴んだ。ヤクルト、日本ハム、阪神で捕手として活躍し、横浜時代には寺原とバッテリーも組んだ野球解説者の野口寿浩氏は「スライダーという軸になるボールが1つあったのはプラス材料ですけど、それに頼り過ぎはダメです」と指摘する。

 序盤から寺原の投球フォームに問題点があったという。

「左肩が出てくるタイミングが合わずに、コントロールを気にしながら投げてる感じでした。ただ、2回のバスターエンドランで鈴木が二塁でアウトになってから、タイミングが合うようになりましたね。ああいうプレーで気持ちの部分は変わるものです。なんとか(アウトを)取らないといけないというのが、向こうからアウトをくれたので、安心してホッとした状態から力みが消えたりすることがあります。

 あと、唯一、タイミングの合っていたスライダーを多投することで、合わせるようになりましたね。でも、それ(スライダー)に頼り過ぎてクルーズにホームランを打たれました。投球フォームとともに、配球も考える必要があります。タイミングが合うスライダーに頼らずに済むように、投球スタイルを研究していく必要があると思います」

人気記事ランキング