野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • ヤ軍痛恨敗戦も、快投の田中将大に絶賛の声 「エース級のパフォーマンス」

ヤ軍痛恨敗戦も、快投の田中将大に絶賛の声 「エース級のパフォーマンス」

ヤンキースの田中将大投手は8日(日本時間9日)、本拠地でのオリオールズ戦に先発し、8回6安打1失点1四球と快投。今季初の2ケタとなる10奪三振をマークした。

8回6安打1失点の快投、448日ぶり2ケタKに「TanaKKKKKKKKKKa」

 ヤンキースの田中将大投手は8日(日本時間9日)、本拠地でのオリオールズ戦に先発し、8回6安打1失点1四球と快投。今季初の2ケタとなる10奪三振をマークした。圧巻のピッチングにも、打線の援護はアレックス・ロドリゲス内野手の30号ソロホームランによる1点にとどまり、勝敗はつかず。12勝目はならなかったが、圧巻の奪三振ショーを見せた日本人右腕は地元メディアから三振を意味する「K」にちなみ、「TanaKKKKKKKKKKa」と絶賛されている。

 ただ、チームは9回に登板した左腕シュリーブが強打者クリス・デービスに決勝の41号ソロを浴びて、1-2で痛恨の敗戦。田中の好投も虚しく、首位ブルージェイズとのゲーム差は「1・5」に開いた。

 ESPNは速報記事で「ア・リーグ東地区首位に上がるチャンスとともに、ヤンキースはマサヒロ・タナカからエース級のパフォーマンスと、アレックス・ロドリゲスの歴史的なホームランがあった。だが、それが全てだった。レッドソックスとともに地区最下位タイだったオリオールズに勝つのに十分ではなかった」と伝えた。

 今季は「エースにあらず」と厳しい論調でニューヨークメディアに指摘されることの多かった田中だが、この日は「エース級」という言葉を引き出す快投だった。ハンク・アーロンのメジャー記録に並ぶ15度目のシーズン30本塁打を達成したAロッドと共に、辛辣な地元メディアはそのパフォーマンスを高く評価している。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中