野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 好投報われなかった田中将大に同僚は同情 Aロッド「タナカは際立っていた」

好投報われなかった田中将大に同僚は同情 Aロッド「タナカは際立っていた」

ヤンキースの田中将大投手は8日(日本時間9日)、本拠地オリオールズ戦に先発し、8回6安打1失点1四球で今季初の2桁となる10三振を奪う圧巻のピッチングを見せた。

20150429_tanaka

8回1失点10奪三振の快投に、指揮官も「これ以上は求められない」

 ヤンキースの田中将大投手は8日(日本時間9日)、本拠地オリオールズ戦に先発し、8回6安打1失点1四球で今季初の2桁となる10三振を奪う圧巻のピッチングを見せた。

 だが、打線の援護はアレックス・ロドリゲス内野手の30号ソロによる1点のみで、勝敗はつかず。12勝目はならなかったが、チームメートやジョー・ジラルディ監督はエースの力投を称えている。ニュージャージー州最大のニュースサイト「nj.com」が報じている。

 田中は4回まで1人の走者も出さないパーフェクトピッチング。その後、6安打を打たれたが、うち2本は内野安打だった。ソロホームランによる1失点に食い止め、昨年6月17日のブルージェイズ戦以来、448日ぶりの2桁となる10奪三振を記録。だが、田中からマウンドを引き継いだシュリーブが9回に強打者クリス・デービスに一発を浴び、ヤンキースは1-2で痛恨の敗戦となった。

人気記事ランキング