野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 1年前はプロ志望ではなかった― 楽天が1位指名へ、平沢大河がつかんだ自信

1年前はプロ志望ではなかった― 楽天が1位指名へ、平沢大河がつかんだ自信

ドラフト会議を翌日に控えた21日、仙台育英・平沢大河は約4時間、身体を動かした。東北大会準々決勝で敗れた後輩たちはすでに“冬”に突入。トレーニングメニューが多くなった。そんな後輩たちを郡司と眺めながら、平沢は1年前を思い返していた。

20151022_hirasawa3

いよいよ運命のドラフト会議、仙台育英・平沢の思いとは?

 ドラフト会議を翌日に控えた21日、仙台育英・平沢大河は約4時間、身体を動かした。

 仙台育英の野球場周りは1周600~700m。それを平沢はこの日、20周も走った。最後はフラフラになりながらも完走。ちょっと落ち着くと、後輩に混じってノックを受けた。ポジション別のノックで、ミスをした人がノッカーを務めるルール。ショート組に入った平沢は1度、ノッカーを務めた。

 その後、新聞社の取材を受けていたが、その間も手にはバットが握られていた。取材が終わると、正捕手だった郡司裕也とティーバッティングに励んだ。

「スイング、遅い。重過ぎ」
「キツイよ、キツイよ」
「エグい、エグい」

 時折、顔を歪めながらも、そんな気持ちを振り払うかのようにフルスイングを繰り返した。

「オレら、まだ試合してたもんな」

 東北大会準々決勝で敗れた後輩たちはすでに“冬”に突入。トレーニングメニューが多くなった。そんな後輩たちを郡司と眺めながら、平沢は1年前を思い返していた。

 昨年の今頃、平沢はまだプロ志望ではなかった。自分の技量に自信がなかったのだ。それが、11月の明治神宮大会で放った本塁打をきっかけに自信をつかみ、プロへの思いが湧いてきた。そこからは、注目の的にもなり、今夏の甲子園でかけた3本のアーチは強烈なインパクトを与えた。まだ荒い部分はあるものの、守備力も向上。時々、抜くこともあったが、隙を突いた走塁もできる。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中