野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 仙台育英の平沢と佐藤世、チームメートから対戦相手へ 「真っすぐ狙う」

仙台育英の平沢と佐藤世、チームメートから対戦相手へ 「真っすぐ狙う」

今夏の甲子園で準優勝した仙台育英から、平沢大河内野手と佐藤世那投手が指名を受けた。平沢は楽天とロッテが1位で指名。くじ引きでロッテが交渉権を獲得した。佐藤はオリックスから6位で指名を受けた。

平沢がロッテ、佐藤世がオリックスから指名、「プロの世界でやれる」

 今夏の甲子園で準優勝した仙台育英から、平沢大河内野手と佐藤世那投手が指名を受けた。平沢は楽天とロッテが1位で指名。くじ引きでロッテが交渉権を獲得した。佐藤はオリックスから6位で指名を受けた。

 地元・楽天が早くから1位指名を公言していたため、平沢は「8割くらい、楽天だろうと思っていたので、まさか競合してくれるなんてビックリしました」と、素直な気持ちを口にした。

 同校の佐々木順一朗監督も「新聞とかで楽天が1位ということが見え隠れしていたので、気持ち的には楽天という思いで本人もいたのではないかと思うんですね」と心境を述べ、「一番、思うのは、1位指名を2球団にしていただいたということ。こんなに投手がいる中で高校生の野手を1位指名してくれたということに感謝したいなと思います」と穏やかな表情で話した。

 楽天が誕生したのは、平沢が小学2年の時。2つ上の兄とよく観戦に出かけ、プロ野球は身近にあった。そんな楽天が1位指名を公言していたため、「嬉しいけど、不思議な感じです。楽天ができた時から見ているんで」と話していたが、交渉権はロッテが獲得した。

 何が何でも楽天で、という思いがあったわけではないため、「プロの世界でやれるということで、レベルアップしてプロの世界に入りたいと思います」と、スタートラインに立てたことを前向きに捉えている。

 今夏の甲子園で放った3本の本塁打が強烈だったが、本来は左中間、右中間に長打を打てる中距離打者。そのため、平沢は「毎年、コンスタントに3割を打てるバッターになりたい」と、目標を掲げた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中