野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 侍打線の落とし穴は「いつでも打てそう」 打者心理がグループ突破の鍵に

侍打線の落とし穴は「いつでも打てそう」 打者心理がグループ突破の鍵に

世界野球プレミア12開幕戦(8日・札幌ドーム)では、日本が韓国を5-0で下した。初代王者を目指す日本は大谷(日本ハム)、則本(楽天)、松井(楽天)の完封リレー。さらに、攻撃陣も12安打5得点と韓国投手陣相手に終始、優位な形で試合を進めた。

full-count18

韓国相手に12安打5得点の好調打線、その中でも「一番いいのが中村、松田」

 世界野球プレミア12開幕戦(8日・札幌ドーム)では、日本が韓国を5-0で下した。初代王者を目指す日本は大谷(日本ハム)、則本(楽天)、松井(楽天)の完封リレー。さらに、攻撃陣も12安打5得点と韓国投手陣相手に終始、優位な形で試合を進めた。

 開幕戦を振り返り、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野口寿浩氏は「いい姿を見せてくれた」と毎回安打を放ち、活発だった日本打線を絶賛。一方で、グループB突破がかかる11日からの戦いには「上から目線になると、ちょっと怖いですね」とし、手元で動くボールを駆使する対戦相手の投手たちへの対応をポイントに挙げた。

「出だしはラッキーだったけど、徐々に硬さも取れて、いい姿を見せてくれた。最後、山田にもヒットが出たし、筒香にしろ、秋山にしろヒットは出ませんでしたが、ライナー性を相手に捕られた当たりがあったので」

 この日、スタメン野手では秋山(西武)、筒香(DeNA)以外の全員に安打が記録されたが、この無安打の2人も「そんなに心配しなくていいんじゃないか」と分析。日本打線が好調であることを強調した。

「大谷のピッチングも安打数も含めて、点差以上に圧勝だった気がするんですよね。5-0というか、8-0とかそういう雰囲気の試合だった。その点ではもうちょっと点が入ったらよかった気はします。

 一番いいのが中村、松田じゃないかという印象を受けたので、いい傾向にありますね。4番バッターと、しっかり支えるキープレイヤーということでね。いい感じなんじゃないですか」

 野口氏は、今大会で初めて日の丸を背負い、4番を務める中村剛も状態はいいと見ている。

人気記事ランキング