野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太の争奪戦は“狂騒曲”にならず? 「タナカに近い条件は手にしない」

前田健太の争奪戦は“狂騒曲”にならず? 「タナカに近い条件は手にしない」

ポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦の可能性が浮上している広島の前田健太投手について、2年前に楽天からヤンキースに移籍した田中将大投手ほどの“狂騒曲”には発展しないと、地元メディアが予想している。地元紙「ボストン・グローブ」が報じた。

地元紙が予想、「獲得を希望するチームが殺到する状況は起こらない」

 ポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦の可能性が浮上している広島の前田健太投手について、2年前に楽天からヤンキースに移籍した田中将大投手ほどの“狂騒曲”には発展しないと、地元メディアが予想している。地元紙「ボストン・グローブ」が報じた。

 昨年もメジャー挑戦の可能性があると伝えられていた前田は、今オフも米メディアをにぎわせている。現在、プレミア12に侍ジャパンのメンバーとして参戦している右腕について、寸評では「マエダはポスティングにかけられ、複数の球団から入札されると見られている」と指摘。ただ、メジャー各球団は絶対的と言えるほどの評価は与えていないという。

「彼は先発投手のオプションとして(ローテーションの)中盤から最後(3番手から5番手)と目されている。マエダに関しては代えのきくアメリカ人選手が数多くいるとみられるために、獲得を希望するチームが殺到するという状況は起こらないだろう。2年前のマサヒロ・タナカの条件に近いものは手にすることはない」

 寸評はこう締めくくっている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中