野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 気になる大谷翔平の“二刀流”の行方 吉井投手コーチ就任でどうなる?

気になる大谷翔平の“二刀流”の行方 吉井投手コーチ就任でどうなる?

日本ハムの新投手コーチに就任した吉井理人氏(前ソフトバンク投手コーチ)が、「投手3冠」に輝きながら、野手としても出場を続ける“二刀流右腕”、大谷翔平の起用法について言及した。

20151129_ohtani

4年ぶり復帰の吉井投手コーチは大谷の“二刀流”をどう考えているのか

 日本ハムの新投手コーチに吉井理人氏(前ソフトバンク投手コーチ)が就任することが決まった。2012年以来となる栗山英樹監督とのコンビが復活し、29日の就任会見には2人そろって出席。今季リーグ最多の15勝(5敗)を挙げ、最優秀防御率(2.24)、最高勝率(7割5分)との「投手3冠」に輝きながら、野手としても出場を続ける“二刀流右腕”、大谷翔平の起用法について言及した。

「コーチとか別で、(二刀流は)夢のあること。アマチュアに野球人口を与えていける選手だと思っている。個人的には賛成です」

 4年ぶりに日本ハムに復帰した吉井投手コーチは、11月に行われた世界野球「プレミア12」でも最優秀防御率をマークし、ベストナイン選出と活躍した右腕の“二刀流”に「賛成」の見方を示した。

 ただ、「チームではどうなるか分かりません」と、あくまで個人的意見であることを強調。具体的な起用法は明言せず、投手コーチとして「エースと言われるピッチャーは200イニングくらい投げないといけない」と先発でフル回転することを第一に求めた。

 一方、指揮官も同じ会見で大谷の野手としての出場に前向きな見方を示した。

人気記事ランキング