野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太もFA市場の主役の1人に MLB公式サイトが先発3番手扱いで特集

前田健太もFA市場の主役の1人に MLB公式サイトが先発3番手扱いで特集

広島からポスティングシステム(入札制度)を利用してのメジャー移籍を希望している前田健太投手に対して、米国内での注目度がさらに高まっている。今オフ目玉の1人だったデビッド・プライス(ブルージェイズからFA)のレッドソックス加入が決まったことで、先発投手の市場が活発に動き出しそうだ。

前田獲得は「チームに貴重なチャンス」も「肘の故障の不安」指摘

 広島からポスティングシステム(入札制度)を利用してのメジャー移籍を希望している前田健太投手に対して、米国内での注目度がさらに高まっている。今オフ目玉の1人だったデビッド・プライス(ブルージェイズからFA)のレッドソックス加入が決まったことで、先発投手の市場が活発に動き出しそうだ。

 MLB公式サイトでは「プライスの契約がグリンキーや他の投手のいい前兆になる」と題した特集を掲載。プライスがレッドソックスと7年総額2億1700万ドル(約266億7000万円)の超大型契約を結んだことを受け、FA市場のもう1人の目玉であるザック・グリンキー、そして実績十分のジョニー・クエトと大物投手の現状を項目別に分析した後、それに続く3番目という破格の扱いで前田を取り上げている。

 記事では、まず前田の状況について説明。「マエダは現状では広島に所属する日本球界のスターであり、MLB移籍に向けてのポスティングはまだされていないが、おそらくポスティングは実現すると考えられている」としている。

 さらに「27歳のマエダの獲得は、FA市場で投手の補強を目指すチームにとって、全盛期の投手をチームに迎えることができるという貴重なチャンスとなるであろう」と獲得のメリットについて言及。プライスが30歳、グリンキーが32歳、クエトが来年2月に30歳になることを考えると、日本球界で確固たる地位を築いているにもかかわらず、まだ27歳という右腕の若さは魅力の1つとなっているようだ。

 さらに、日本球界で通算防御率2.39、WHIP(1イニングあたりのヒット+四死球)1.048といった優秀な成績を残していることも紹介。好投手であることを印象付けている。

 ただ、記事では日本人投手に共通する懸念材料も指摘。「近年、MLBに移籍したユウ・ダルビッシュやマサヒロ・タナカのように、マエダもMLBのレベルでも順調な滑りだしを見せると考えられる」としながら「移籍にともない肘の故障の不安が発生するかもしれない」と分析している。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中