野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 脇谷にクルーズ…巨人が内野手補強を進める狙いとは

脇谷にクルーズ…巨人が内野手補強を進める狙いとは

巨人が内野手を中心に補強を進めている。まずはFAで西武から脇谷亮太内野手を獲得。ロッテを退団したルイス・クルーズ内野手の獲得も決まった。

20151212_wakiya_cruz

脇谷が西武から復帰、クルーズの獲得も決定、内野手補強を進める巨人

 巨人が内野手を中心に補強を進めている。まずはFAで西武から脇谷亮太内野手を獲得。ロッテを退団したルイス・クルーズ内野手の獲得も決まった。

 脇谷は2013年オフに片岡治大の人的補償で西武へ移籍。ライオンズ在籍2年間では内野だけにとらわれず、ライトにも挑戦し、出場の幅を広げ、打撃の成績も残した。巨人では引退した井端弘和内野守備走塁コーチの穴を埋めるべく、内野手として再スタートを切る。

 脇谷は「レギュラー争いができるように、まずはしっかりとケガを治して、来季に挑んでいきたいと思う」。今季、試合中に右足首を骨折し、リハビリ中の身。現在の状態はジョギングができる程度。完治してからが勝負となる。新シーズンに向けて古巣のグラウンドで練習も始めたベテランに高橋監督も期待を寄せている。

 例年、巨人のオフの補強といえば、ローテーション投手や4番候補などの獲得が目立ったが、今年は派手さはない。昨年は阿部のコンバートにつき相川、代打不足から金城をFAで獲得するなど、チームに本当に足りないところを冷静に見て、補強した。では、今オフはなぜ、脇谷やクルーズなど、内野手を厚めに補強をしているのか。井端の穴を埋める以外に考えられるポイントとは何か。

人気記事ランキング