野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 通算90勝の帆足氏だけではない 実績十分で打撃投手に転身した選手は?

通算90勝の帆足氏だけではない 実績十分で打撃投手に転身した選手は?

ソフトバンクは25日に今季限りで引退した帆足和幸氏が打撃投手として入団すると発表した。一流左腕からチームスタッフへの転身。球界には、帆足のように現役時代に活躍した裏方がいる。

20150628_hoashi

巨人・藤井、阪神・久保田…、現役時代に選手として活躍した打撃投手たち

 ソフトバンクは25日に今季限りで引退した帆足和幸氏が打撃投手として入団すると発表した。背番号は「109」。

 帆足は2000年ドラフト3位で西武入りし、04年に10勝、05年に13勝をマーク。長く1軍マウンドで奮闘し、11年オフにFA宣言してソフトバンクへ移籍した。今季は3試合の登板にとどまり現役引退したが、通算267試合登板で90勝65敗1セーブ1ホールド、防御率3.90という実績を誇る。

 一流左腕からチームスタッフへの転身。球界には、帆足のように現役時代に活躍した裏方がいる。ここでは実績十分の打撃投手にスポットを当ててみたい。

◯ヤクルト・山口重幸

 東京・岩倉高の「4番・エース」として1984年センバツ高校野球に初出場。決勝で当時2年生だった桑田、清原を擁するPL学園を倒し初優勝。同年ドラフト6位で阪神入りし、野手に転向。95年にヤクルトへ移籍し、96年に現役引退。プロ通算283試合出場で打率2割2厘、1本塁打、15打点。プロでの投手経験はない。

◯巨人・藤井秀悟

 1999年ドラフト2位で逆指名でヤクルト入り。01年に最多勝、ベストナイン獲得。08年にトレードで日本ハム、10年にFAで巨人に移籍した。11年オフに村田の人的補償でDeNAへ。14年現役を引退した。プロ通算284登板83勝81敗、防御率3.77。

◯阪神・久保田智之

 2002年ドラフト5巡目で阪神に入団。05年にウィリアムス、藤川と中継ぎトリオ「JFK」を形成し、27セーブを挙げてリーグ優勝に貢献した。07年にはプロ野球記録となる90試合に登板するなど、最優秀中継ぎ投手に2度輝いた。通算成績は444試合で41勝34敗47セーブ117ホールド、防御率3.16。

人気記事ランキング