野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 田中将大、開幕へ不安… 2被弾含む4回7失点に「考えすぎてる部分がある」

田中将大、開幕へ不安… 2被弾含む4回7失点に「考えすぎてる部分がある」

ヤンキースの田中将大投手は23日(日本時間24日)、ナショナルズ戦で4回9安打2被弾7失点と乱調に終わった。オープン戦4度目の先発マウンド、開幕まで残り2試合という中で迎えた登板だったが、「自分の中で考えすぎてる部分がある」と複雑な胸中を吐露。

開幕まで残り1登板、「『対相手チーム』にしっかり気持ちを向けないと…」

 ヤンキースの田中将大投手は23日(日本時間24日)、ナショナルズ戦で4回9安打2被弾7失点と乱調に終わった。68球を投げ、ストライクは49球。オープン戦4度目の先発マウンド、開幕まで残り2試合という中で迎えた登板だったが、「自分の中で考えすぎてる部分がある」と複雑な胸中を吐露。残り1試合で問題を解決し、本番に挑むことになる。試合は0-13でヤンキースが敗れた。

 田中は初回、レンドンの適時二塁打で先制点を献上した。3回にはドリューとラモスに一発を浴びるなど、6安打2被弾6失点と炎上。4回68球で降板した。

 登板後、右腕は「もちろん、あれだけ打たれてしまうことは良くないですし、自分の中で今うまくいってないなという感じがあります。少し考えすぎている部分がゲームの中であるのかなというのはあるので、マウンドに立ったら『対自分』ではなくて、『対相手チーム』というところにしっかり気持ちを向けていかなければ、やはりこういう結果になってしまう。それが今日は出てしまった形かなと思います」と振り返った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中