野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

上原浩治と「同じ舞台でやりたい」― 元巨人・村田透を突き動かす思い

米球界6年目のシーズンを迎えているインディアンス傘下3Aコロンバスの村田透投手は、常に偉大な先輩の背中を追いかけてきた。レッドソックスの上原浩治投手。メジャーでリリーバーとして確固たる地位を築いているベテラン右腕は、いつまでも憧れの存在だ。

大学・巨人の先輩でもある上原は「雲の上の人」

 米球界6年目のシーズンを迎えているインディアンス傘下3Aコロンバスの村田透投手は、常に偉大な先輩の背中を追いかけてきた。レッドソックスの上原浩治投手。メジャーでリリーバーとして確固たる地位を築いているベテラン右腕は、いつまでも憧れの存在だ。

 大体大出身の村田にとって、上原は大学の先輩。巨人からドラフト1位で指名されたという共通点も持つ。入団当時、村田は「上原2世」と呼ばれ、大きな注目を浴びた。

 上原は巨人でエースに君臨し、渡米後は絶対的なクローザーとして2013年のレッドソックス世界一に貢献するなど、40歳の今も超一流の投手として高い評価を受けている。一方、村田は巨人を3年で戦力外となったものの、インディアンスのスカウトの目に留まって米球界に飛び込み、1Aから這い上がって昨年は5年目にして遂にメジャーデビューを果たした。

 村田にとって、上原の存在はあまりにも大きい。

「ちょくちょく連絡をさせてもらってますし、実際にオフの時に1度あいさつだけは練習に行かせてもらいました。やはり畏れ多い部分はあるので、安易にいけないというか、連絡もできないですし、本当に雲の上の人のような存在なので」

 こう言って、笑みを浮かべる。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中