野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「絶対メジャーで終わる」ドラ2入団から4年目、ヤンキース加藤豪将の現在地

ヤンキースから2013年のドラフト2巡目で指名された加藤豪将内野手が、キャンプ地のフロリダ州タンパで独占インタビューに応じた。

20160328-kato

もう1人の「大谷世代」、マイナーで奮闘続ける米国育ち21歳の挑戦

 ヤンキースから2013年のドラフト2巡目で指名された加藤豪将内野手が、キャンプ地のフロリダ州タンパで独占インタビューに応じた。

侍ジャパンさらなる進化へ 走塁のスペシャリスト・鈴木尚広氏が提言する「走る日本野球」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 現在、マイナーキャンプでシーズン開幕へ向けて練習に励む有望株は、メジャー昇格を目指して奮闘を続けている。今年でヤンキース入団4年目。シーズンの目標については「1年目から絶対にメジャーで終わるというのを頭に入れている」と言い切る。

 1年目はルーキーリーグで50試合に出場し、打率3割1分、6本塁打、25打点と好成績を残したが、2年目は1Aチャールストンで121試合出場、打率2割2分2厘、3本塁打、37打点と苦戦。昨年も1Aチャールストンで打率1割6分1厘と苦しみ、シーズン後半にはルーキーリーグのプラスキでもプレーした。

 大谷翔平(日本ハム)らと同じ1994年生まれ。「大谷世代」の21歳はアメリカで育ち、これまでの日本人選手とは全く違う形でのメジャーデビューを目指している。二刀流右腕との対戦を望む気持ちは「もちろんある」と話す加藤の現在地とは――。その胸中に迫った。

――今シーズンはどのカテゴリーからスタートになりそうですか?

「まだ分からないんです。でも、ワークグループといって、違うチームに分かれたところでは、1A+のタンパヤンキースでした。まぁ、それはあまり意味はないんですけど、キャンプが終わる時に分かります」

――今年、キャンプで取り組んでいることは?

「メンタルの部分だけですね。2年前とか、去年とか、スプリングトレーニングにどういうメンタルで来て、シーズンの1週目をどうプレーするかというのをまだ分かっていなかったんですけど、今年は1週目から成績を出したいので、そういうところをやってます」

――バッティングのメカニックの部分などは?

「オフシーズンの時にフォームをシンプルに変えて、以前のような形にしました。スイングにはけっこう自信を持っています」

――フォームはいつ頃の形に戻したのですか?

「高校くらいですね。(このオフに)ランチョ・バーナード高のコーチと会って、また最初からスタートした感じなので。スイングはすごくいいところにあります」

――シンプルというのは具体的には?

「あまり考えず、ただボールをバットに当てるという感じで。1つ大きいことを言うと、前で捉えてしまっていたのを後ろに引きつけて、レフトセンターに打つという感覚ですね。そういう感じでいけていれば、今年は多分いいシーズンになると思います」

――ここまでの手応えは?

「かなりいいです。去年のスプリングトレーニングと比べたら今年の方が成績もいいので。あと、スイングもいい。あとはタイミングとオフスピード(のボール)をどうやって待てるかというだけですね。ちゃんと引きつけないといけないので」

人気記事ランキング