野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太は出来高満額でも安い!? 「今の活躍見れば、それすらバーゲン」

前田健太は出来高満額でも安い!? 「今の活躍見れば、それすらバーゲン」

ドジャースとの契約交渉時、メディカルチェックで肘など健康面の懸念が発覚した前田は、契約ボーナス100万ドル(約1億円)を含めて8年総額2500万ドル(約27億円)と年俸を抑える一方、契約には1年最大1015万ドル(約11億1000万円)という大型のインセンティブ(出来高)が盛り込まれている。

20160407_maeda2

3戦2勝の右腕を特集、「マエダはドジャースにとってバーゲンか?」

 ドジャースの前田健太投手が開幕3戦で無傷の2勝と順調なスタートを切った。17日(日本時間18日)の本拠地ジャイアンツ戦では、7回4安打7奪三振1失点と好投し、3-1での勝利に貢献。開幕から3試合連続でクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)を記録している。

 ドジャースとの契約交渉時、メディカルチェックで肘など健康面の懸念が発覚した前田は、契約ボーナス100万ドル(約1億円)を含めて8年総額2500万ドル(約27億円)と年俸を抑える一方、契約には1年最大1015万ドル(約11億1000万円)という大型のインセンティブ(出来高)が盛り込まれている。

 前田は毎年32試合以上に先発し、200イニング以上を投げた場合、開幕ロースター入りのボーナス15万ドル(約1640万円)を加えて満額の出来高を手にできる。年俸は合計1315万ドル(約14億3600万円)と跳ね上がるが、地元メディアからは出来高を全て支払ったとしても「お買い得」という声が出ている。米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」(電子版)が、動画特集「120スポーツ」で「ケンタ・マエダはドジャースにとってバーゲンか?」と取り上げている。

「ドジャースは28歳のケンタ・マエダと8年2500万ドルで契約を結びました。昨年までは誰も彼のことを知りませんでしたが、今では誰もが知るところです」

人気記事ランキング