野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • SB連勝ストップ 同点被弾の千賀に工藤監督「1球の怖さ噛み締めてくれたら」

SB連勝ストップ 同点被弾の千賀に工藤監督「1球の怖さ噛み締めてくれたら」

ソフトバンクは延長戦の末、日本ハムに2-4で敗れ、連勝は8でストップした。

20160424_kudo

延長戦で競り負け8連勝でストップ、指揮官は失点場面に言及「改めて学んでほしい」

 ソフトバンクは延長戦の末、日本ハムに2-4で敗れ、連勝は8でストップした。

 ホークスは幸先よく2点を先制し、先発の千賀滉大は7回まで1失点の好投。しかし、8回に大野奨太に失投で同点ソロを許し、さらに1死二塁のピンチを作ったところで降板。延長10回表、ホークスの4番手・森唯斗が、ヒットと自らのベースカバーの遅れで1死一、三塁のピンチを作ると、中島卓也にセーフティスクイズを決められ勝ち越しを許す。さらに、田中賢介にも適時打を打たれ万事休す。

 試合後、工藤公康監督のコメントは投手陣の失点の場面に集中した。

「(千賀について)まぁ、ああいうところだよね。ホームランだけは打たれちゃいけない場面でね。ああいうところを成長していかないと勝ち星はつかない。ただ、8回(途中)2失点というのはナイスピッチングとも言える。1球の怖さを噛み締めてくれたら。高めにいけばホームラン(になる)ということを改めて学んでほしい。

(敗戦投手の森について)ベースカバーが1歩というよりも2、3歩遅れている。西川くんの足を考えたら、自分の左側に打球が飛んだらすべてスタートを切らないと。それを見ているようじゃダメかなと思う」

 前日、「連勝はいつかは止まるもの。2連戦なら負け越さない(連敗しない)こと、3連戦なら確実に勝ち越すこと。それが大事」と語っていた工藤監督は、最後に「よし、明日だ、明日がんばろう!」と自ら大きな声を出して監督室へと消えた。

人気記事ランキング