野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • ソフトバンクは内川のひと振りでサヨナラ勝ち 工藤監督「ナイスゲーム!」

ソフトバンクは内川のひと振りでサヨナラ勝ち 工藤監督「ナイスゲーム!」

ソフトバンク-日本ハムの5回戦は、6-5でホークスがサヨナラ勝ち。2連戦の今カードを1勝1敗とした。

20150629_kudou

8回に長谷川が同点弾、スアレスが来日初勝利

 ソフトバンク-日本ハムの5回戦は、6-5でホークスがサヨナラ勝ち。2連戦の今カードを1勝1敗とした。

 6回を終えた時点でホークスは1-5の劣勢。7回、先発の大谷翔平が2つの四球を出し、右手のアクシデントにより降板。ここから試合がホークスに傾き始めた。

 2番手の谷元圭介を攻めて押し出し四球と松田宣浩の2点打で1点差に迫ると、8回には長谷川勇也がマーティンから起死回生の同点ホームラン。そして、9回に試合を決めたのは、4番・内川聖一のひと振りだ。ファイターズの守護神・増井浩俊から自身初となるサヨナラ本塁打。また、8回、9回を3人ずつで抑える好投を見せたスアレスが、来日初勝利をマークした。

 試合後の工藤公康監督は「ナイスゲームでした!」とご機嫌な表情で会見の場に現れた。

「みんなの負けたくないという気持ちがベンチの中でも出ていた。最後まで諦めない気持ちが勝たせてくれた試合。長谷川くんは(6回裏の)ショートゴロをすごく悔しがっていたし、それが次の打席でいい形で出た。ストレートをしっかり叩いてホームランにしたところは自信にしてほしい」

人気記事ランキング