野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神ドラ6板山、努力実ってプロ初安打初打点 「これからがスタート」

阪神ドラ6板山、努力実ってプロ初安打初打点 「これからがスタート」

阪神のドラフト6位・板山祐太郎が今季初の1番に大抜てき。見事に結果を残した。

20160319_阪神

1番抜擢に応えたルーキー

 阪神のドラフト6位・板山祐太郎が今季初の1番に大抜てき。見事に結果を残した。

 1日のDeNA戦(甲子園)で「1番・左翼」で先発出場。3回無死一塁で迎えた第2打席で左中間へタイムリー二塁打。通算、11打席目にしてプロ初安打初打点をマークした。「あれだけ使ってもらって結果が出てなくて悔しかった。1本出たのは良かったですが、これからがスタートです」と笑みをこぼした。

 開幕からドラフト1位・高山、プロ3年目の横田らが活躍し悔しい思いをした。2軍で汗を流していた時期に球団寮ではTVで1軍の試合を見ながら「夜に食堂で見ていて、いいなぁと思っていた」。大学時代は厳しい練習量で知られる強豪・亜細亜大。新人合同自主トレでは全体練習が終わっても連日、室内で一人打ち込む姿があった。

「僕は6位で入ってきている。みんなと同じ練習をしても差は埋まらない。練習をやるしかないんです」

人気記事ランキング