野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 期待の「一新」象徴プレーヤー 巨人若手の重信、岡本の今

期待の「一新」象徴プレーヤー 巨人若手の重信、岡本の今

巨人が宿敵・ヤクルトに対して敵地で3連敗した。

巨人

ドラ5山本が初打席初安打、台頭が期待される若手選手たち

 巨人が宿敵・ヤクルトに対して敵地で3連敗した。1日は先発の高木ら投手陣がヤクルトの強力打線につかまり、今季ワーストの11失点。4月まで28試合を15勝10敗3分で終えて首位で5月を迎えたが、1日の敗戦後に2位に転落。セ界はまだまだダンゴ状態で、これからも接戦が続いていくだろう。

 敗戦の一方で、ドラフト5位ルーキー、慶応大出身の山本泰寛内野手が1軍昇格。1日の試合では昇格即、プロ初打席で初ヒットをマークするなど、明るい話題もあった。強肩の遊撃手として評価が高く、ファームでは開幕から1番打者を担って打率2割7分7厘。この日の9回に代打で登場するとヤクルトの新外国人投手・ペレスのスライダーをうまく拾い、レフトに運んだ。

 キャンプ、オープン戦開幕時に評価が高かった野手は早稲田大学からドラフト2位で入団した外野手の重信慎之介だった。しかし、重信はオープン戦の終盤で打撃が失速。開幕1軍メンバーには入ったが、3月30日に登録抹消となり、2軍で経験を積んでいる。

 イースタンで打率は2割4分台ではあるものの、最近の5試合では22打数7安打8打点。打率は3割1分8厘。4月26日のロッテ戦では2軍戦ながらプロ初本塁打。4月30日の楽天戦でもアーチを描き、5戦2発。本塁打を打つタイプのバッターではないが、バットに当てる確実性とパンチ力が増してきていることが分かる。

人気記事ランキング