野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 昨夏の甲子園で準優勝も「野球を辞めます」 消防士目指す仙台育英主将の今

昨夏の甲子園で準優勝も「野球を辞めます」 消防士目指す仙台育英主将の今

昨夏の甲子園で準優勝した仙台育英高(宮城)。平沢大河(ロッテ)、佐藤世那(オリックス)がプロ入りし、他の選手も多くが大学や社会人で本格的に野球を続けている。

20160505_sasaki

甲子園で“野球卒業”を宣言、「消防士になります」と宣言した佐々木のその後は…

 昨夏の甲子園で準優勝した仙台育英高(宮城)。平沢大河(ロッテ)、佐藤世那(オリックス)がプロ入りし、他の選手も多くが大学や社会人で本格的に野球を続けている。

侍ジャパンU-12代表を支える頼れる捕手 仁志監督も称賛「高校生よりも上手い」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 そんな中、キャプテンとしてチームの先頭を走った佐々木柊野は昨夏の甲子園期間中、母子家庭で育ててくれた母親への負担を考え、消防士を目指すと話題になった。“普通”の高校球児であれば、それほど大きな波紋は呼ばなかっただろうが、佐々木は甲子園で勝ち上がるチームのキャプテン。そんな彼が家族のために野球を続けないという決断をしたことはネット上で感動まで呼んだ。そしてその時、「僕はこれで野球をやめます」という潔いフレーズも話題になった。

 先月23日。仙台育英にとって今年初の公式戦となった春季大会の地区予選があった。佐々木は後輩の試合を観に駆けつけていた。仙台市内の専門学校に進学したのだが、近況を尋ねると「まぁ、やっています」と専門学校の野球部に所属し、野球を続けていることを明かした。

「普段は体育館で練習し、球場を借りられる日は球場で練習をしています。楽しいですけど、中心は勉強です。計算とか難しいですけど(笑)。授業の進むスピードが、基本ができている前提で進んでいるのでついていけないというか……。でも、1か月早く始まるコースで3月に入ったので、まだ救いがありました(苦笑)」

人気記事ランキング