野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス満員の3/4占めた女性ファン 工藤監督「こういう接戦も魅力の1つ」

ソフトバンクが7日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦で3-2と連勝し、貯金を11に伸ばした。ソフトバンクは引き分けを挟んで5連勝となった。

20150324_kudo

5連投で10セーブ目のサファテに工藤監督「休ませようと思ったが」

 ソフトバンクが7日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦で3-2と連勝し、貯金を11に伸ばした。ソフトバンクは引き分けを挟んで5連勝となった。

 決勝打は7回裏1死二、三塁からの高田知季のタイムリー。ソフトバンクは、8回スアレス、9回サファテのリレーで逃げ切った。先発の千賀滉大が3勝目。5連投となったサファテがリーグトップの10セーブ目をマークした。

 試合後、工藤公康監督は「今日は休ませようと思ったんだけどね」と、サファテの起用に関して語り始めた。

「本人の方から大丈夫だと言うので、セーブがつく場面限定でいってもらおう、と。熊本から(被災地の)子どもたちを招待していたということもあるのかな。マウンドでがんばっている姿は、きっと子どもたちの目にも焼きついたと思うよ」

 打のヒーロー・高田は、一度出されたセーフティースクイズのサインに空振り。工藤監督は「ヒットも出ているし、感じもよかったので打たせてみよう」とサインを変更した。結果は、前進守備のど真ん中をゴロで破るセンター前タイムリー。

「基本通りセンターに打ち返してくれた。同点にされた直後にしっかり勝ち越せるのは強みかなと思う。中軸が打てないところで下位打線でチャンスを作ることが大事。そのためにみんな日々練習をしている。(高田も)お立ち台に上がって自信をつけてくれたらと思う」

人気記事ランキング