野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス長谷川、8連勝にも「そういう雰囲気ない」 その発言の真意は…

前日10日、柳田悠岐の決勝2ランを呼び込むヒットを「いいきっかけになってくれる」と語っていた今宮にとって、まさにその言葉通りの展開となった。

20160512_hasegawa

初回の先制1号に今宮「久々の感覚でした」

 11日のロッテ戦で初回に先制の1号ソロ、7回に2点タイムリー三塁打を放ったソフトバンクの今宮健太。前日10日、柳田悠岐の決勝2ランを呼び込むヒットを「いいきっかけになってくれる」と語っていた今宮にとって、まさにその言葉通りの展開となった。

「(本塁打は)打った瞬間に入ると思いましたし、久々の感覚でした。センター方向へ打とうと思っていたのが、うまくひっかかってホームランになってくれました」

 工藤公康監督から、練習で「全打席(レフトに)ホームランを狙っていけ」と言われたことに関しては、「監督が気持ちを楽にさせてくれているんだと思います」と語る。

「ボクは右方向に打てるバッターじゃなくて、勝手に飛んでいくタイプ。それを自分でも理解してやっているつもりです。(7回裏の)三塁打は理想の打球でした。アーリー(早出特打)でも左足が伸びないように、体が伸び上がらないように意識しています。結果が出なくてもレギュラーで使ってもらっているので、もっと打てるように練習を重ねるだけです」

人気記事ランキング