野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 「イチローの英語は素晴らしい」 通訳が語る語学力の高さと二人三脚の日々

「イチローの英語は素晴らしい」 通訳が語る語学力の高さと二人三脚の日々

マーリンズのイチロー外野手の通訳を務めるアラン・ターナー氏が同選手をサポートする日々について地元メディアに語っている。

20160508_ichiro

米紙が特集、イチロー通訳のターナー氏「一緒にいて気持ちの良い人」

 マーリンズのイチロー外野手の通訳を務めるアラン・ターナー氏が同選手をサポートする日々について地元メディアに語っている。米地元紙「サンセンチネル」が特集している。

元野球日本代表・岩村明憲氏が考える世界で活躍する条件 「日本人にしかできないことがある」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 ターナー氏はマリナーズで佐々木主浩氏らの通訳を務めた経験もあり、マリナーズ、ヤンキースでイチローの通訳も務めてきた。マーリンズでも42歳のベテラン外野手をサポートしている。

 地元紙は同氏が通訳以外の役割をこなすことにも着目。ブルペンキャッチャーなども務めてきたという本人は「私はマーリンズに雇われていますから、自分がやるべき仕事以外もやるようにしているんです。球拾いをしたり、試合中はブルペンキャッチャーをしてます」と語っている。

 記事では「家族以外では、ターナー氏ほどイチローのことを理解している人はいないだろう」とレポート。そんな同氏は記事の中で「クラブハウスで食事することはありません。いつも外食するんです。イチローはイタリア料理が好きですから、よくイタリアンレストランに行くんです。日本料理屋に行くこともありますよ」と日々の生活について明かし、「イチローは最高に面白い人間だし、とてもポジティブですね。一緒にいて気持ちの良い人ですよ、だって彼は前向きで、社交的ですからね」とその人物像を評している。

人気記事ランキング