野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス、8回2死から怒涛の6連打で逆転 工藤監督「すごいですね」

31日の交流戦初戦、中日戦(ヤフオクドーム)。試合は1-2と1点のビハインドのまま、すでに8回2死で走者なし。

殊勲の同点打の松田「もう割り切りしかなかった」

 31日の交流戦初戦、中日戦(ヤフオクドーム)。試合は1-2と1点のビハインドのまま、すでに8回2死で走者なし。そこまでソフトバンク打線は、わずか2安打に抑えられていた。しかし、そこから怒涛の攻撃が始まる。

 内川聖一があわやテラス弾というシングルヒット、続く長谷川勇也がライト前に転がせば、松田宣浩が三遊間を破る同点打。さらに中村晃が二塁手のグラブをかすめる逆転のセンター前ヒット。続く吉村裕基が左中間最深部へ2点タイムリー二塁打。高谷裕亮の内野安打までの6連打で一挙4点をあげた。試合後の工藤公康監督は、8回の猛攻について「すごいですね」と切り出した。

「内川くんが打って、長谷川くんも打った時にベンチの盛り上がりも良かった。そこで松田くんが自分のスイングでしっかり打ってくれたのが(同点の)ヒットにつながった。それまでボール球に手を出していたが、あの場面で自分のスイングができたのが良かったと思う」

 松田は「もう割り切りしかなかった。大事な場面で技術が勝つときもあるが、あそこは(勝ちたいという)思いが強い方が勝つと思った」と、8回の同点打を振り返る。さらに逆転打の中村は「来た球を全部振ろうと思っていた」と、空振りの後の2球目をしっかりと打ち返した。工藤監督は「7番は中村くんの粘り強いバッティングが生きるポジションだと思う。今日もいいところで打ってくれた」と、中村の殊勲打を称えた。

人気記事ランキング