野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス和田、フォーム見直しで7勝目に挑む「まだ年寄り扱いされたくない」

和田は「疲れはまったくない。打たれているのはフォーム的な問題」と、前回の登板後から投球フォームの見直しを行った。

20160608_wada

DeNA戦で登板へ、「長打力、破壊力のある打線」と警戒

 8日のDeNA戦に挑むソフトバンクの先発は和田毅。ここまで6勝をマークしているが、1日の中日戦では、5回を被安打8(うち被本塁打1)の5失点で2敗目を喫した。和田は「疲れはまったくない。打たれているのはフォーム的な問題」と、前回の登板後から投球フォームの見直しを行った。

「これまでも(フォームについて)どうしようかなと思っていました。フォームを改善できればヒットやホームランも減らせると思います。5日にブルペンで試してみましたが感じは良かったです。コーチにも見てもらって『こういう感じでいこう』、と。8日の試合でやってみたあと、キャッチャーやコーチと話をしてよりいいものにできたら、と思います」

 具体的にどこをどう変えたのかについては「それは試合で見てもらえれば」と多くを語らなかったが、6日の投手練習の合間も田之上慶三郎投手コーチを相手に、フォーム談義を繰り返す光景が見られた。

 改善されたフォームで挑む相手は、前カードでロッテを3タテした強力な横浜打線。和田も「長打力、破壊力のある打線」と警戒を強める。

人気記事ランキング