野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー独自の技術は「並大抵ではない」 地元メディアは四球増加にも注目

イチロー独自の技術は「並大抵ではない」 地元メディアは四球増加にも注目

地元メディアは、イチローの四球数が増加していることに注目。その圧倒的な打撃技術とともに、打席の内容を改めて称賛している。

20160518_ichiro

今季は04年を上回る出塁率.422、「バットが振れているだけではなく、四球も増えている」

 マーリンズのイチロー外野手は22日(日本時間23日)、本拠地でのブレーブス戦に「1番・ライト」で3試合連続先発出場し、2試合連続安打をマークした。4打数1安打でメジャー通算2983安打として、3000安打へ残り17本。今季は打率.350、出塁率.422と好調を維持している。地元メディアは、イチローの四球数が増加していることに注目。その圧倒的な打撃技術とともに、打席の内容を改めて称賛している。

 イチローはこの試合、2回の第2打席で相手先発ガントの75マイル(約121キロ)のカーブをセンター前に運んだ。さらに、3点リードの5回には2死二塁でガントの右翼ファウルゾーンへと切れていく打球を鮮やかなスライディングキャッチ。攻守両面で見せ場を作り、3-0での勝利に貢献した。

 巧みなバットコントロールで中前打を放った2回の打席では、マイアミで試合を中継した「FOXスポーツ・フロリダ」の実況が、好調を維持するイチローの打席内容に今季は変化が見られると指摘。「昨年と比べ、バットがよく振れているだけではなく、四球も増えています。ボールを多少選ぶようになっていきているようです」と話した。

 イチローはこの試合では無四球も、20日(同21日)のロッキーズ戦で2四球を選ぶなど、21日(同22日)のブレーブス戦までは出場3試合連続四球。6月は打率4割というハイレベルな数字に加え、出塁率も.483と更に成績を上げてきている。イチローがキャリア最高の出塁率を記録したのは、メジャー記録のシーズン262安打を記録した2004年。その時の.414を上回る.422という出塁率を今季は現時点でマークしている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中