野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー独自の技術は「並大抵ではない」 地元メディアは四球増加にも注目

イチロー独自の技術は「並大抵ではない」 地元メディアは四球増加にも注目

圧倒的な打撃技術も健在、「教科書通りの打ち方ではない。これは彼独特のスタイル」

 この試合で解説を務めたマーリンズOBのジェフ・コーナイン氏も、イチローの四球数が増加していることに言及。昨年は438打席で31四球(約14打席で1四球)だったが、今季は154打席で17四球(約9打席で1四球)となっていることに触れ、「彼はボールをよく見るようになりました」と話した。リードオフマンとして、大きな役割を果たしていることは確かだ。

 もちろん、圧倒的な打撃技術も健在。この打席では、初回の第1打席で二ゴロに打ち取られたカーブをしっかりと捉え、ライナーでセンター前に運んだ。コーナイン氏はこのヒットを見ると、イチローの“唯一無二”の打撃スタイルについても解説した。

「彼が打席でどれくらい前に移動しているか見てください。しかし、彼の腕はしっかりと後ろに残っています。そして、打球が前に飛ぶとバッターボックスから飛び出していきます。

 教科書通りの打ち方ではありません、これは彼独特のスタイルです。この一連の動きの中では目と手を協調させる必要があり、さらにボールに向かって移動していきます。並大抵のことではありません」

 マーリンズで2度のワールドシリーズ制覇に貢献した名選手も、イチローがメジャーで称賛を浴びてきた「ハンド・アイ・コーディネーション」について、改めて脱帽している。

 3000安打の金字塔へ向け、イチローの勢いは衰えることがない。最高の技術でヒットを積み重ね、さらに四球もしっかりと選び、リードオフマンとして出塁を続ける。出場機会が訪れれば黙々と自分の仕事をこなす4番手外野手のチームへの貢献度は高い。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」