野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローと18年前に初対面「コイツは打てる」と直感した通算162勝左腕

イチローと18年前に初対面「コイツは打てる」と直感した通算162勝左腕

メジャー通算2984安打を放ち、3000安打の金字塔まで残り「16」本に迫ったマーリンズのイチロー外野手。

1998年日米野球で来日→対戦「鋭いライナーを飛ばしまくっていた」

 メジャー通算2984安打を放ち、3000安打の金字塔まで残り「16」本に迫ったマーリンズのイチロー外野手。26日(日本時間27日)に本拠地でのカブス戦に「1番・センター」で2戦連続先発したが、出塁したのは第5打席の四球のみで4打数無安打と快音は響かなかった。

侍ジャパンU-15代表を率いる鹿取監督が若い世代に期待すること、代表チームに入る意義とは(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 だが、18年前の1998年、MLB代表として日米野球で来日したメジャー通算162勝左腕アル・ライター氏の心には、当時25歳だったイチローのバット音が響き渡ったようだ。試合を中継する「FOXスポーツ・フロリダ」の実況解説として放送ブースに加わったライター氏は、3回にイチローが第2打席に立つと、懐かしげに18年前の思い出話にふけった。

 メジャー16年目のシーズンを戦う今では、イチローの「殿堂入りは当然」という声が方々から聞こえる。だが、実況アナが「27歳でマリナーズに移籍したイチローですが、それ以降3、4年連続で素晴らしい成績を残しても、殿堂入りするにふさわしい成績を残せるか、懐疑的な人が多くいました」と語る通り、当初は「メジャー入りが27歳ということを考えると、そこまで長くプレーできないだろう」という見解が大半を占めていたそうだ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中