野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 日本とは、もはや別物? メジャーリーグのトレード事情

日本とは、もはや別物? メジャーリーグのトレード事情

GMら首脳陣が入れ替わると、チーム作りの信念も変わる

 日本のプロ野球では信じられないようなトレードが、メジャーリーグではこれから今シーズン中にいくつも起こるだろう。有名選手の名前が見出しを飾るのは間違いないが、実は見出しの下にある本文に記されたマイナーリーガーの名前も気にかけておくと、また違った楽しみ方ができるかもしれない。

 1つのトレードを見ても、それぞれのチームの思惑、そしてチーム作りの信念などが見えてくる。これを舵取りするのが、GM(ゼネラルマネジャー)や、その下でいろいろなデータやスカウトのレポートを取りまとめる「ベースボール・オペレーションズ」の人間たちだ。

 過酷な野球界では、彼らの入れ替わりも選手同様に激しい。GMや球団社長が代われば、チーム作りの信念が変わる。人が替われば、考えが変わる。

 トレードが頻繁に行われる理由は、球団同士の競争が生み出すものであることに間違いないが、この目まぐるしいほどの人の入れ替わりが、その原因でもある。人の入れ替わりが止まらない限り、トレードの波も静まることはないだろう。

(記事提供:パ・リーグ インサイト

【了】

「パ・リーグ インサイト」新川諒●文 text by Ryo Shinkawa

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」