野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • ソフトバンクが12カードぶり負け越し 工藤監督「3連敗はしないように」

ソフトバンクが12カードぶり負け越し 工藤監督「3連敗はしないように」

2日、ソフトバンクは日本ハムに0-4で今季2度目の零封負け。連敗で5月17日~19日の日本ハム戦以来、12カードぶりの負け越しとなった。先発の東浜巨は6回1失点の好投を見せたが、2番手のスアレスが市川友也に手痛い3ランを浴びて試合を決められた。

20160508_kudo

日ハム有原に散発5安打、中軸の不振に「良くするための方法論立てないと」

 2日、ソフトバンクは日本ハムに0-4で今季2度目の零封負け。連敗で5月17日~19日の日本ハム戦以来、12カードぶりの負け越しとなった。先発の東浜巨は6回1失点の好投を見せたが、2番手のスアレスが市川友也に手痛い3ランを浴びて試合を決められた。打線も有原航平に散発の5安打に抑えられた。工藤公康監督の言葉は、まずその打線に向けられた。

「ギータ(柳田)とウッチー(内川)は悪いわけじゃないけど、その後のハセ(長谷川)とマッチ(松田)がアレかな。ちょっと考えないといけないのかな。何を考えるかって?良くするための方法論だよ。打撃練習ではそんなに悪いところは見当たらないから、あとは本人の割り切り方だと思うんだけど。もっと割り切って打席に入れるようにしてあげた方がいいのかな、と」

 スアレスにとっての初被弾となった市川の3ランについては「ああいう想像はしてなかったよ」とひと言。

「あそこ(7回表)を乗り越えて0-1ならまだチャンスはあると思っていたんだけどね。悪いカウント(3-1)を作ってしまうのがね。ああいう風になってしまったのは残念だけど、切り替えてやっていくしかない」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中