野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム栗山監督、大谷を珍しく絶賛 衝撃の先頭打者弾は「野球のロマン」

日ハム栗山監督、大谷を珍しく絶賛 衝撃の先頭打者弾は「野球のロマン」

日本ハムの栗山英樹監督が3日、ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に「1番・投手」で先発し、衝撃の初球先頭打者弾を放った大谷翔平投手の活躍を「野球のロマン」と絶賛した。

20160222_kuriyama

「1番・投手」で活躍、先頭打者弾に「ファンが度肝を抜かれるというか、そういう空気感になった」

 日本ハムの栗山英樹監督が3日、ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に「1番・投手」で先発し、衝撃の初球先頭打者弾を放った大谷翔平投手の活躍を「野球のロマン」と絶賛した。

“レジェンド”山本昌氏が語る侍ジャパンの魅力「ここから5年は本当に強い」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 大谷は1回表、先頭で打席に立つと、相手先発・中田が初球で投じたスライダーをフルスイングした。この試合の1球目を右中間スタンドへ叩き込む衝撃弾。敵地のどよめきはしばらくおさまらなかった。

 その後は、投球でも最速161キロの直球を武器に、8回120球を投げて10奪三振2四球、5安打無失点。チームを2-0での勝利に導き、自身7連勝となる8勝目を挙げた。チームは敵地で首位ソフトバンクを3タテして9年ぶり10連勝。試合後、栗山監督は「今日に関しては意義のある戦いだったと思います」と振り返った。

 大谷の先頭打者弾については「完全敵地のアウェーの中でもやっぱりプロ野球のロマンというか、ファンの人たちが度肝を抜かれるというか、そういう空気感になったことはこちらも感じられた。それでいいし、とても意味のある本塁打だったと思います」と感慨深げ。普段は大谷に辛口の指揮官だが、珍しく絶賛した。

「今日だけは(褒める)。勝つんだったら、こういうパターンしかないと思っていた。あえて勝負にいって。1-0ではなかったけどね。よく頑張ったと思います」

 1番起用についても「ずっと考えてきたことではあったので。突然やっているわけではない」と説明した上で「僕がどうのこうのではなく、今日は翔平が本当に頑張ってくれたと思う。褒めはしないけど、本当によく頑張った」と称えた。

人気記事ランキング