野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー、ローズの口撃は認めてくれた証?「正直ちょっとうれしかった」

イチロー、ローズの口撃は認めてくれた証?「正直ちょっとうれしかった」

メジャー通算3000安打の金字塔まで残り「11」本と迫ったマーリンズのイチロー外野手。長いメジャーの歴史を紐解いてみても、わずか29人しか達したことのない偉業に一歩一歩近づいている。

日米通算安打を認めぬ“安打王”が自己防衛する姿に「僕を認めてくれたと思った」

 メジャー通算3000安打の金字塔まで残り「11」本と迫ったマーリンズのイチロー外野手。長いメジャーの歴史を紐解いてみても、わずか29人しか達したことのない偉業に一歩一歩近づいている。6月15日パドレス戦で日米通算4257安打とし、ピート・ローズの持つメジャー歴代最多安打4256本を超えた時は、どちらが真の安打王かという議論が沸騰。ローズは一貫して日米通算安打を認めない姿勢を貫いたが、この反応を見たイチローは「正直ちょっとうれしかった」と明かしたと、米有力紙「ニューヨーク・タイムズ」電子版が伝えている。

 「日本での安打数も認めるべきだ」「メジャーの安打数だけ考えるべきだ」「いや、どちらも凄いんだから、双方称えるべきだ」など、先月15日にイチローが日米通算安打数で“ローズ超え”を果たして以来、あちらこちらで熱い議論が交わされた。そこに油を注いだのが、米全国紙「USAトゥデー」の単独取材に答えたローズの言葉だった。あくまで“安打王”は自分であると主張し、頑ななまでに日本での記録を認めない姿勢を固持。「日本は私を“ヒット・クイーン”にしようとしている」と話す姿に、米国内でも「過剰な自己防衛だ」という意見が上がっていた。

 記事を執筆したデービッド・ウォルドースタイン記者は、この時のローズの反応についてイチローに直接質問。すると、3000安打の金字塔が近づいているにもかかわらず、普段と変わらぬ穏やかな様子のイチローは、通訳を介して意外な答えを返したという。

 「正直ちょっとうれしかったんですよ。彼が僕を認めてくれたって感じがしたから」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中