野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローは米野球文化を変えた存在!? 米メディアが功績検証「並外れた選手」

イチローは米野球文化を変えた存在!? 米メディアが功績検証「並外れた選手」

米スポーツ専門サイト「スポーツ・オン・アース」が、メジャーにおけるイチローの功績を分析する記事を掲載。「並外れたプレーヤー」である背番号51は、異なる打撃スタイルでアメリカの野球文化に大きな影響を与えた存在だとしている。

20160708_ichiro

「成功するか疑問視されていた」イチローが「並外れたプレーヤー」に

 マーリンズでメジャー16年目のシーズンを送っているイチロー外野手。今季は打率.337、出塁率.411、得点圏打率.435と好調を維持。海を渡ってから積み上げてきた安打数は2990本となり、3000安打の金字塔まで「10」と迫っている。

 米スポーツ専門サイト「スポーツ・オン・アース」は、メジャーにおけるイチローの功績を分析する記事を掲載。「並外れたプレーヤー」である背番号51は、異なる打撃スタイルでアメリカの野球文化に大きな影響を与えた存在だとしている。

 記事ではまず、「イチロー・スズキが鳴り物入りで2001年に(メジャーに)やって来た際、彼が成功するかは疑問視されていた。アメリカで活躍した日本人スター打者はいなかったのだ」と指摘。当時、イチローに対しては懐疑的な見方もあり、その独特の打撃スタイルも未知数のものと見られていた。

 だが、イチローは結果で周囲を黙らせてきた。初年度にリーグトップの打率.350、242安打、56盗塁をマーク。メジャー史上2人目となるリーグMVP&新人王のダブル受賞を果たした。その年、マリナーズはメジャー最多タイ記録となるシーズン116勝をマーク。イチローは、その先頭に立っていた。

人気記事ランキング