野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • ついに西武の「看板選手」が球宴へ 初出場・栗山に戦友が抱く密かな期待

ついに西武の「看板選手」が球宴へ 初出場・栗山に戦友が抱く密かな期待

「栗山キャプテンをオールスターへ!」そんな、ライオンズファンの心からの思いが、ついに現実のものとなった。

20160715_kuriyama

過去に球宴出場なしは「意外」、今年はファンも「栗山巧をオールスターへ」

「栗山キャプテンをオールスターへ!」

 そんな、ライオンズファンの心からの思いが、ついに現実のものとなった。

 2002年に西武に入団した栗山巧外野手は、05年に1軍定着してから、15年目を迎えた現在に至るまで、ケガ離脱を除いて常にレギュラーとして試合に出続けている。その間、毎年打率3割前後、出塁率4割近くの数字をコンスタントに残し、08年には最多安打のタイトル(167本)を獲得。ゴールデングラブ賞(10年)、ベストナイン3回(08、10、11年)受賞、さらに今年6月19日のヤクルト戦(神宮)では通算120人目となる通算1500本安打を達成するなど、球界にいくつも名を残している。

 これまで、何度もオールスター出場のチャンスはあったはずで、その資格も十分すぎるほどだけに、チームメートを含めた多くの野球関係者たちは、当然出場経験はあるものだと思っていた。だが、なぜか、1度も選出されていなかったのである。誰もが「意外」と口を揃えてきた。当然、ライオンズファンも同じ思いを抱え続けてきた。

 だが今年、ついに立ち上がった。栗山は開幕から、近年の中でも特に好調を維持。オールスターファン投票が開始された5月24日時点でリーグ3位の打率.329を残し、投票期間中に1度も3割をきることはなかった。さらに、6月19日には1500本安打を記録と、選出されるべき堂々たる理由が揃っていたのである。

 球団がtwitterで『#VOTE栗山巧』と投票を呼びかければ、ファンも同SNS内で『#栗山巧をオールスターへ』と“1日1票”運動を展開。結果、ファン投票では惜しくも26万7709票の外野手5位となったが、選出枠内の3位糸井嘉男選手とは、わずか1809票の僅差に迫ったのだった。

人気記事ランキング