野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 岩隈久志
  • 岩隈久志、“天敵“相手に「お返しする番」と快投 指揮官も絶賛「真のプロ」

岩隈久志、“天敵“相手に「お返しする番」と快投 指揮官も絶賛「真のプロ」

同地区のアストロズを“天敵”としていた日本人右腕は、地元メディアの取材に対して「お返しする番でした」と明かすなど、並々ならぬ意気込みでこの一戦に臨んでいたという。

20160717_iwakuma

最近5度の対戦で防御率7.50の相手に快投、「ゲームプランを変える必要があった」

 マリナーズの岩隈久志投手が16日(日本時間17日)の本拠地アストロズ戦で7回2安打無失点8奪三振と好投し、今季10勝目(6敗)を挙げた。2年ぶりの2桁勝利でメジャー通算57勝とし、日本人歴代単独3位に浮上。同地区のアストロズを“天敵”としていた日本人右腕は、地元メディアの取材に対して「お返しする番でした」と明かすなど、並々ならぬ意気込みでこの一戦に臨んでいたという。

 後半戦最初の登板で、アストロズ打線をわずか2安打に抑えた岩隈。抜群の制球力でストライク先行の投球を続け、少ない球数で相手打者を料理していった。女房役のスクレとの相性も抜群で、スライダー、スプリットなど変化球の使い方も効果的だった。

 アストロズ戦は今季2試合の登板で0勝2敗、防御率7.20と打ち込まれていた。MLB公式サイトでも、最近5度の対戦で0勝4敗、防御率7.50と散々な成績だったことを紹介。この日の試合後、岩隈は「お返しする番でした。過去何度かうまく攻められていた。それを踏まえてゲームプランを変える必要がありました。スクレはいい仕事をしてくれました。彼は自分の頭の中にはなかった球種も引き出してくれ、それが効果的でした。スクレに賛辞を送りたいですし、良いディフェンスと大きな一打を放ってくれたチーム全体に感謝したいです」と通訳を介して振り返ったという。

 また、スコット・サービス監督は記事の中で「彼は押し引きができていたし、全ての球種を自在に操っていた。高めへの直球というのは、アナリスト達が私と投手コーチに先週進言してくれたんだ。彼がそれを実行すれば、スプリットはより効果的になるし、打者に投球を追わせることができる。彼はストライクゾーンで打者を欺くことができるからね」と投球内容を絶賛している。

人気記事ランキング