野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 熱男・松田が逆転3ラン、SB工藤監督「あれがすべて。よく打ってくれた」

熱男・松田が逆転3ラン、SB工藤監督「あれがすべて。よく打ってくれた」

ソフトバンクが4-3の接戦を制して、埼玉西武とのカードに勝ち越した。2点を追う4回裏、相手エラーで1点差とすると、1死一、三塁から松田宣浩のレフトスタンドへの逆転3ランで4-2。8回に1点差に迫られるも、9回はサファテで逃げ切りに成功した。工藤公康監督は、松田の3ランについて「あれがすべてです」と真っ先に称賛した。

8回、長谷川に送りバントのサイン「いかにチャンスを作るかが大事」

 ソフトバンクが4-3の接戦を制して、埼玉西武とのカードに勝ち越した。2点を追う4回裏、相手エラーで1点差とすると、1死一、三塁から松田宣浩のレフトスタンドへの逆転3ランで4-2。8回に1点差に迫られるも、9回はサファテで逃げ切りに成功した。工藤公康監督は、松田の3ランについて「あれがすべてです」と真っ先に称賛した。

 「ピッチャーからすれば失投かもしれないが、よく打ってくれた。ああいうところがマッチのいいところ。エラーがあった後の初球、変化球でストライクを取りにきたところを見逃さずに打った、松田選手らしいホームランだったと思う。(これからも)どんどん積極的にいってほしいね」

 指揮官が「あれがすべて」と語るように、この試合もソフトバンク打線は6安打に終わり、これで8試合続いて2ケタ安打に届いていない。5回の2死満塁では長谷川勇也が一塁ゴロに倒れ、1点差に迫られた8回裏には、その長谷川に犠打を命じるも結果は併殺打だった。

 「8回のバントの指示は『いかにチャンスを作るか』もあった。長谷川くん本人も理解した上での犠打のサイン。結果は併殺に終わったが、今後もこういうことはある。その日のピッチャーにタイミングが合っていない人にはそういうサインも出すことになる。少しでもチャンスを広げることが大事」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中